電車通学の学生におすすめSuica一体型クレジットカード

未分類

通学に電車やバスを使う学生さんは多いですよね。
そんな学生さんの中には、Suicaを活用して乗車をされてている方も居ることでしょう。

わざわざ券売機で切符を買う必要もなく、タッチ決済でスムーズに改札を通れるSuica。
なかでもクレジットカード一体型のSuicaを使う学生さんは、利用のたびにポイントも貰えるので何かとお得!

そんなSuica一体型のクレジットカード、欲しいと思う学生さんも居るのでは?
そこで今回は、Suica一体型のクレジットカードを使うメリットや、一体型で学生さんにおすすめのクレジットカードをご紹介します!

これから通学でSuicaを使おうとしている学生さん、すでに利用している学生さんは、ぜひ参考にしてみてください!

Suica一体型とは、いったいどんなクレジットカード?

Suicaを知っている学生さんは多いですが、Suica一体型クレジットカードについて知っている学生さんは少ないことでしょう。

Suica一体型クレジットカードとは、その名の通り「クレジットカード」と「Suica」が1枚になったカードのこと。
これによるメリットは、カードポケットがかさばらないところにあります。

学生さんによっては、よく利用するお店のポイントカードや、通っているジムの会員カードなど、たくさんのカードを所持していることもありますよね。
そのうえ、Suicaやクレジットカードといったカードが増えると、カードポケットを圧迫してパンパンになり入りきらないことも!

そうした心配を少しでも和らげてくれるのが一体型の魅力です。
Suica一体型クレジットカードの場合、クレジットカード・Suicaに加え、定期券も1枚に収められるので、3枚の機能を1枚に圧縮することができます!

なので、上記3枚のカードが財布にあるという学生は、一体型を利用した方が便利なのです。

では、機能性はどうなのでしょうか?
実は機能性は衰えるどころか、便利な機能が備わって利便性が増しています!

Suica一体型クレジットカードを使うメリットとは?

Suicaを使っていて困るのが、改札にタッチしたとき残高不足で通れないこと。
朝の通勤ラッシュ時など、後ろ人に迷惑かかるうえ恥をかくし、チャージする間に電車を乗り過ごすこともあります。

そうした心配が、Suica一体型クレジットカードを使うことで気にしなくなります!
というのも、Suica一体型クレジットカードは残高が少なくなる、クレジットカードの利用可能枠を使って自動でチャージしてくれるからです。

このオートチャージ機能があることで、改札に引っ掛かる心配とは無縁の生活に!
また、いちいち券売機でチャージする手間からも解放されるのです。

また嬉しいことに、オートチャージ機能を利用するとポイントが貯まります!
なので、通学にSuicaを利用する学生は、Suica一体型クレジットカードの変えた方がお得なのです。

学生には「ビュー・カード」がおすすめの1枚!

Suicaと一体型でおすすめのクレジットカードは「ビュー・スイカ」です!
ビュー・スイカは、以下の4つの機能が1枚に集約されたクレジットカード。

  • Suica
  • クレジットカード
  • 定期券
  • JRE POINTカード

これだけの機能が付いているので、通学・ショッピングもこれ1枚でOK!
生活面での実用性がとにかく高いので、基本的に毎日外出する学生さんにはおすすめなのです。

ただ、これだけの機能が1枚になっているので、紛失してしまったときが心配ですよね。
そんな紛失時ですが、ビュー・カードはクレジットカード補償だけでなく、定見やSuicaの残額分も補償対象という手厚いサポートが付いてます!

なので、上述しましたオートチャージ機能で貯めたポイントも、カードを無くしたとしても安心。
貯めたポイントはSuicaにチャージできるので、使いながら貯めるという自己サイクルが行えます!

利点の多いビュー・カードですが、年会費は以外と安く「477(税別)」で作れます。
毎日通学で使用する学生さんならオートチャージ機能で回収も簡単ですし、ほぼ負担なしで持てるのと一緒という点で、おすすめのクレジットカードです!
参照サイト:「ビュー・スイカ」公式サイト

クレジットカードは別に欲しい学生はこちら!

一体型は便利ですが、Suicaとは分けてクレジットカードが欲しい学生さんもいますよね。
もし学生向けクレジットカードをお探しの方は、当サイトのおすすめ一覧をご覧ください。

こちらでは、学生も申し込めるクレジットカードの中から、ポイントや保険といった性能、それから審査等を加味し、おすすめのものだけを紹介しています。

枚数が増えるのでかさばりますが、便利でお得なクレジットカードという点では負けていないので、こちらもぜひご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました