クレジットカードの「署名(サイン)」って何を書けば良いの?

未分類

クレジットカードで買い物をしている方が、決済完了前に何か書かされているのを見たことはありませんか?
実はこれ、クレジットカードの名義人となる方が、署名を書いている最中!

クレジットカードで買い物をすると、お店や金額にもよりますが署名を求められることがあります。
その署名を書かないことには決済が終われず、買い物をすることができません。

そんな署名ですが、初めてクレジットカードを持つような学生さんだと、署名にはなんと書けば良いのか分かりませんよね。

「決まり事を知らず適当に署名したら恥をかいた」なんて学生さんも居ますから、署名に関して色々と知っておくのはクレジットカードを使ううえでとても大事!

そこで今回は、クレジットカードの署名について色々と解説します。
署名に関するルールを知らない学生さんも居ると思うので、ぜひご覧ください!

署名に関する決まりごとはある?

クレジットカードで買い物をすると、店員さんから署名を求められることあります。

これは必ずという訳ではなく、お店や買い物額によって求められたり求めらなかったりします。
また、お店によっては署名ではなく暗証番号というケースもあります。

もし署名を求められたら、あなたは何と書き記しますか?
実は、署名「支払いをするクレジットカードの裏面に書いた署名と同じものを書き記さなくてはならない」というルールがあります。

そのため、適当に済ませて良いという訳ではなくのです。
もし裏面と違うことを店員さんが判断した場合、決済を進められず、買い物を終わらせることはできません。

なので、署名を求められた学生さんは、クレジットカード裏の署名欄に書いた署名と同じものを書くようにしましょう!

クレジットカード裏面にはどのような署名をするべき?

上述したように、クレジットカード決済で署名を求められたら、カード裏面に書いた署名と同じものを書かなくてはいけません。

これは、裏を返せば「クレジットカード券面裏に署名が無ければ買い物できない」ということになるので、クレジットカードを受け取ったら署名はすぐに済ませてしまいましょう!

この券面裏の署名欄ですが、実は何を書いても問題ありません。
一般的には自分の名前を書く方が多いですが、それが「ひらがな・カタカタ・漢字・ローマ字」なんだって構いません!

当て字や他言語でも問題ありませんし、何なら名前等ではなく芸能人が書くようなサインや、適当な絵を描いても大丈夫です。

ただ券面裏の署名は、買い物の際に店員さんから求められたら書かなくはいけません。
なので、恥ずかしいものにすると恥をかくことになるので、無難なものにしておきましょう。

クレジットカード券面裏の署名欄に記入するときのペンに決まりはある?

クレジットカードの券面裏に署名するときは、細い黒の油性マジックペンを使うのがおすすめ!
なぜなら、券面裏の署名は失敗しても修正できないからです。

クレジットカードの署名欄を見ていただければ分かると思いますが、思いのほか狭いのが分かります。
この細い欄に太いペンで書くと、余白が足りなくなることがあります。

また、クレジットカードというのは財布等に入れることが多いので、常に何かと触れています。
そうした擦れる環境下で水性ペンやボールペンで書いても、すに消えるのが目に見えているので、油性ペンで書くのがおすすめなのです。

細い黒の油性マジックペンを用意できたら、さっそく署名してみましょう!

このとき、もし書き損じがあったからといって、無理に消そうとしてはいけません。
実は署名欄はシールになっており、消そうとすると剥がれる恐れがあるからです。

もし剥がれてしまった場合、署名できない=クレジットカードが使えないということになります。
どうしても修正したいときは、クレジットカードを再発行するしかないので、素直に従うか諦めるかにしましょう。

終わりに

クレジットカードの署名について理解を深められましたか?

署名は、クレジットカードの名義人本人であることを示す重要な役割を担ってます。
そのため、署名は何でも良いといっても、自分だけでなく相手も分かるものである必要があります。

書き慣れた名前や簡単な署名であれば相手も認識しやすいので、署名してしまう前にぜひ考えてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました