クレジットカードの審査は学生も落ちる!落ちたときの対処法とは?

審査

学生は、クレジットカードの審査に通りやすい傾向にあります。
というのも、発行会社は学生にカードを作ってもらい、長期的に使用してもらいたいと考えているからです。

そのため、発行会社は審査において学生を優遇する傾向にあるとされていますが、その学生でも、クレジットカードの審査に落ちるケースはあります。

学生がクレジットカードの審査に落ちた場合、考える原因は何なのでしょうか?
また、学生は審査に落ちたら、もうクレジットカードを作るのは不可能なのでしょうか?

もしクレジットカードの審査に落ちてしまった学生は、今後の参考にしてみてください!

  1. 審査が落ちた際に考えられる原因 クレジットカードの審査で優遇されていると言われている学生。 では、その学生が審査がに落ちる原因はいったい何なのでしょうか? 学生に適していないランクのものを申し込んでいる まず考えられるのは、学生に相応しくないランクのカードを申し込んでいるケース! クレジットカードというのは、一般ランクに始まり、ゴールド・プラチナ・ブラックというように、階級があります。 ランクの高いクレジットカードは、付帯サービスが充実しているという特徴がありますが、その反面、社会人でも審査が通らない可能性もあるクレジットカードとされています。 そんな高ランクのクレジットカードを、学生が申し込んでも基本的に通りません! 信用情報も返済能力もまだまだな学生は、まず一般ランクのクレジットカードから申し込むことを始めましょう。 自身もしくは親がブラックリストに載っている 2つ目は、申請した学生または親が、ブラックリスト入りしているというケース! クレジットカードやスマホの返済を滞納などすると、信用情報に傷が付きます。 なかには過去に自己破産をしてしまい、ブラックリストに追加されている方も居るかも知れません。 もしあなたがこの立場、もしくは該当する人物が身内に居る場合、発行会社は申請されても審査を見送る可能性が高いとされています。 申請条件を満たしていない 3つ目は、そもそも申請条件を満たしていないケース! 例えば、クレジットカードというのは18歳未満の学生の申請を受け付けていません。 また、18歳以上の学生であっても高校生からの申請も同様です。 もしこれに該当する学生で申し込んでいるのであれば、そもそも申請条件を満たしていないので、審査に落ちるのも無理はないでしょう。 クレジットカードによって申請条件は異なるので、あなたが申し込みたいクレジットカードの条件は1度見ておくことをおすすめします。 一気にたくさんの申し込みを行った 最後は、クレジットカードをたくさん所持している、または短期間の間に複数枚の申請を行ったケース! 実は、クレジットカードを何枚も持っている学生や、短期間にたくさん申し込んだ学生に対して、発行会社は審査を厳しくする傾向にあります。 というのも、所持枚数が多いということは、それだけクレジットカードを利用できるということですよね。 例えば、利用限度額10万円のクレジットカードを10枚持っていれば、学生でも100万円分の買い物ができるということです。 仮に、100万円分使いきったとき、翌月に返せる学生はそういませんよね。 そういった返済能力についての心配が発行会社で生まれるため、上記に該当する学生への審査は厳しく見ているのです。 審査に落ちたらまた申し込める?
  2. 審査に通りやすいクレジットカードを選ぼう!
  3. クレジットカードの審査には気をつけよう!

審査が落ちた際に考えられる原因 クレジットカードの審査で優遇されていると言われている学生。 では、その学生が審査がに落ちる原因はいったい何なのでしょうか? 学生に適していないランクのものを申し込んでいる まず考えられるのは、学生に相応しくないランクのカードを申し込んでいるケース! クレジットカードというのは、一般ランクに始まり、ゴールド・プラチナ・ブラックというように、階級があります。 ランクの高いクレジットカードは、付帯サービスが充実しているという特徴がありますが、その反面、社会人でも審査が通らない可能性もあるクレジットカードとされています。 そんな高ランクのクレジットカードを、学生が申し込んでも基本的に通りません! 信用情報も返済能力もまだまだな学生は、まず一般ランクのクレジットカードから申し込むことを始めましょう。 自身もしくは親がブラックリストに載っている 2つ目は、申請した学生または親が、ブラックリスト入りしているというケース! クレジットカードやスマホの返済を滞納などすると、信用情報に傷が付きます。 なかには過去に自己破産をしてしまい、ブラックリストに追加されている方も居るかも知れません。 もしあなたがこの立場、もしくは該当する人物が身内に居る場合、発行会社は申請されても審査を見送る可能性が高いとされています。 申請条件を満たしていない 3つ目は、そもそも申請条件を満たしていないケース! 例えば、クレジットカードというのは18歳未満の学生の申請を受け付けていません。 また、18歳以上の学生であっても高校生からの申請も同様です。 もしこれに該当する学生で申し込んでいるのであれば、そもそも申請条件を満たしていないので、審査に落ちるのも無理はないでしょう。 クレジットカードによって申請条件は異なるので、あなたが申し込みたいクレジットカードの条件は1度見ておくことをおすすめします。 一気にたくさんの申し込みを行った 最後は、クレジットカードをたくさん所持している、または短期間の間に複数枚の申請を行ったケース! 実は、クレジットカードを何枚も持っている学生や、短期間にたくさん申し込んだ学生に対して、発行会社は審査を厳しくする傾向にあります。 というのも、所持枚数が多いということは、それだけクレジットカードを利用できるということですよね。 例えば、利用限度額10万円のクレジットカードを10枚持っていれば、学生でも100万円分の買い物ができるということです。 仮に、100万円分使いきったとき、翌月に返せる学生はそういませんよね。 そういった返済能力についての心配が発行会社で生まれるため、上記に該当する学生への審査は厳しく見ているのです。 審査に落ちたらまた申し込める?

クレジットカードの審査に落ちても、また申し込むことはできます!
なので、審査に落ちた会社のクレジットカードがどうしても欲しいのであれば、再申請してみることをおすすめします。

ただ、そのときは審査から半年以上は空けた上で申し込みしましょう。
落ちた後にすぐ申請しても、そう簡単に評価は覆らないので、また落とされる可能性が高いです。

また、審査に申し込んだという情報は、指定情報機関というところに半年間記録されます。
そのため、すぐに申し込めば1度落としていることが発覚するので、時期は考えた方が得策です。

審査に通りやすいクレジットカードを選ぼう!

学生向けクレジットカードでおすすめなのが「三井住友VISAデビュープラスカード」です!

こちらは、申請条件が18歳~25歳限定という、まさに学生をターゲットにしたクレジットカード。
その三井住友VISAデビュープラスカードの特徴は、下記の3つ!

  • 年会費が安い(初年度無料で、次年度以降は前年1回以上の利用で無料)
  • ポイントが2倍(入会後3ヶ月は5倍)
  • 最短3営業日で作れる

特に本来は有料の年会費も、条件を満たせば無料というのが学生には嬉しいですね!

利用限度額は10万円~30万円に設定されるので、使いすぎる心配もありません。
また、利用者が満26歳になると、三井住友VISAプライムゴールドカードに自動で切り替わるというのも嬉しいポイント!

学生でクレジットカードを作りたいという方は、三井住友VISAデビュープラスカードを考えてみてはいかがでしょうか?

クレジットカードの審査には気をつけよう!

今回は、学生がクレジットカードの審査に落ちた時に考えられる原因を紹介しました。
もし落ちてしまった場合は、考えられる原因をここで探し、再申請するなら半年待つようにしましょう!

1度落ちたクレジットカードを申し込むのが怖い方は、他のクレジットカードにしてみるのも良いですね。
学生向けクレジットカードは性能の良いものが多いので、欲しい1枚を手に入れる間に別のクレジットカードを代替として使うことも検討してみて良いでしょう。

当サイトでは、学生におすすめのクレジットカードを数多く紹介しているので、そちらから選んでみるのはいかがですか?
こちらでおすすめクレジットカードを見れるので、気になる学生さんはぜひご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました