学生も行えるクレジットカードの分割払い|抑えるべき知識を徹底解説

クレジットカードの分割払いは学生も利用可能!

請求額を数回に分け返済するクレジットカードの支払い方法「分割払い」は、学生も利用できます!

クレジットカードで高い買い物をすると、後々の返済が大変ですよね。
そのため、支払い方法を分割払いにし、クレジットカードの返済負担を減らしたい学生も居るかと思います!

ただ、クレジットカードの分割払いには、利用する際に知っておくべき知識ががいくつかあります。
例えば、分割払いをすることで発生する手数料や、他の支払い方法との違いなど、これらを知っておかないと損をしてしまうことも…。

今回は、クレジットカードで分割払いをしたい学生が、知っておくと得をする嬉しい知識を紹介しますので、クレジットカードを持つ学生はぜひご覧ください!

手数料はいくらかかるのか?

クレジットカードで分割払いをすると、手数料が掛かります。
利用料金の返済時には手数料が上乗せされるので、クレジットカードで分割払いをするときは予めこのことを学生は頭に入れておきましょう!

さて、この手数料ですが、いくら掛かるのか学生の方は気になりますよね?

実は、分割払いの手数料はクレジットカードによって異なるため、明確な回答ができません。
各クレジットカードの公式サイトにて、分割払いに関する手数料額は記載されているので、気になる学生はそちらをご覧ください!

分割払いにおける手数料の計算は、「利用代金×(手数料額÷100円)」で求めることが可能。
「手数料額」は、各クレジットカードの公式サイトに「利用代金100円あたりの分割払手数料の額」という情報が記載されているのでそれを見ます!


参照サイト:分割払い|クレジットカードの三井住友VISAカード

例えば、上記の画像だと5回の手数料額欄に「3.35」と記載があります。
この手数料額と利用代金を基に、実際にいくら返済するのかを調べることができます!

では、今回は利用額を50,000円として、先ほどの式に当てはめてみましょう。

式に当てはめると、手数料は「50,000円×(3.35÷100)=1,675円」ということが分かります。。
これを元々の利用代金と合わすと「51,675円」となり、5分割にして返済するので1ヶ月毎に返す金額は「51,675÷5=10,335円」となります!

学生の方で分割払いをしたいという方は、上記の計算をまず行ってからにしましょう。
ちなみに、分割2回払いまでなら手数料が掛からないクレジットカードも多いので、手数料が心配だった学生はこちら検討してみてください!

分割払いとリボ払いは何が違うの?

クレジットカードには「リボ払い」という支払い方法もあります。
こちらの利用を検討してみた学生も居るかと思いますが、分割払いとリボ払いは何が違うのでしょうか?

分割払いとリボ払いには、簡単にいうと以下のような違いがあります。

  • 分割払い:返済回数を決めて支払う方法
  • リボ払い:返済金額を決めて支払う方法

分割払いとは、上述したように利用額に対し「何回に分けて支払うか」を決める支払い方法。
例えば、10万円の利用額に対し「2回・4回・5回」に分割するとき、毎月の返済プランは以下のようになります。

  • 2回:100,000÷2回=50,000円
  • 4回:100,000÷4回=25,000円
  • 5回:100,000÷5回=20,000円

このように、分割払いは返済回数によって毎月の返済額が変わるのが特徴。

対してリボ払いは、利用額を毎月いくらのペースで返すか決めることで、後から返済期間が分かります。
例えば、利用額「10万円・20万円・30万円」を毎月2万円ペースで返済するときのプランは以下のようになります。

  • 10万円:100,000円÷20,000円=5回
  • 20万円:200,000円÷20,000円=10回
  • 30万円:300,000円÷20,000円=15回

リボ払いは分割払いと違い、毎月の返済額が固定です。
「これぐらいだったら払える」というラインを学生自身で選べるのは良いですが、計画的に行わないといつまで経っても返済が終わらないということもあるのでご注意ください。

リボ払いをするときは利用方法を確認し、理解したうえで行いましょう。
参照サイト:リボ払いの特徴と利用上の注意|一般社団法人日本クレジット協会

支払い日の先延ばしなら「ボーナス一括払い」もおすすめ!

クレジットカードの支払い方法では、「ボーナス一括払い」も学生におすすめ。!
こちらは、夏季と冬季にそれぞれ半年前からの利用額をまとめて支払うという決済方法です。

ボーナス一括払いの特徴は、返済を先延ばしできるにも関わらず手数料が掛からないこと!
分割払い・リボ払いでは半年先まで伸ばしたら手数料が掛かりますが、ボーナス一括払いではそれが無いので、学生におすすめなのです!

ただ、ここで1つ疑問なのが「ボーナスなんて貰ってない!」という学生が大勢いることですよね。
実はこの支払い方法、ボーナスを貰っているかどうかは関係なく、夏季・冬季に返済できるのであれば学生でも利用できます!

半年分の利用額をまとめて請求されるので支払いは大変ですが、手数料が掛からないのでぜひ検討してみてください。

予備にクレジットカードをもう1枚持っておこう!

クレジットカードには利用限度額というものがあり、これを超える買い物ができません。
例えば、アナタのクレジットカードが10万円の利用限度額の場合、3万円の商品を3個までは買えますが、4個目は残枠が1万円なので買えません。

通常、この利用限度額は毎月の返済をすることで空きを作ります。
例えば、90,000円分の購入をすれば残金は1万円になりますが、返済日に9万円を返せば空きは10万円に戻るといった仕組み。

この仕組みが循環することでクレジットカードは利用し続けることができるのですが、分割払いのように返済を分けることで、利用限度額を常に圧迫し続けることになります。

例えば先ほどの90,000円、これを一括で返すのではなく分割3回払いとした場合、返済日に返すのは3万円ですよね。
そうなると、返した額は3万円で残り6万円あることから、空きは元々の残枠1万円と合わせて4万円しかありません!

こうなると、その月のクレジットカード払いもままならない状態になりますよね。
そこで、予備にもう1枚のクレジットカードを持つことをおすすめします!

もう1枚クレジットカードがあれば、そちらの残枠は全て空いているので、余裕をもって買い物ができます。
学生向けに発行されているクレジットカードの中には、年会費が無料のものもあるので、予備に持っても負担になることはありません!

もし予備のクレジットカードを検討したい学生の方が居ましたら、こちらでおすすめのクレジットカードを掲載しているので、ぜひご覧ください。

予備のクレジットカードを検討する

コメント

タイトルとURLをコピーしました