無収入(無職)の学生でもクレジットカードの審査は通るの?

未分類

「勉強が忙しくてアルバイトできない…」
「仕送りで生活できているしアルバイトをしなくてもいいか…」

学生さんの中には、無収入という方も少なくありませんよね。
そんな無職・無収入の学生さんが気になるのは、クレジットカードを作れるのかということではないでしょうか?

クレジットカードは、申し込みの際に必ず個人情報の提出があります。
その際には「年収」と収入について訊かれる欄があるので、「無収入では審査に通らないのでは?」と思う学生さんの気持ちは痛いほど分かります。

そこで今回は、無職・無収入の学生でも、クレジットカードの審査は通るのか解説するので、最後までご覧ください!

学生であれば無収入でも審査は通る可能性が高い!

結論から述べますと、学生であれば無収入であっても審査は通りやすいです!

上述したように、本来はクレジットカードの審査で収入は重要な審査基準になります。
資産があるかどうかよりも「安定した継続収入」が大事になってくるので、無収入というのは本来デメリットと言えます。

ただ学生の場合、本分は勉学に努めることなので、無収入という方も多いのが現実。
また、無収入ではない学生も、せいぜい100万円前後が関の山なので、社会人と比べると微々たるものです。

そんな学生に対してクレジットカードを作るメリットが、割愛しますが発行会社にはちゃんとあるので、無収入の学生でもクレジットカードを持つことはできます!

なので、無収入だからといって、年収欄を偽る必要はありません。
0円なら0円と記入し、虚偽の申告は絶対にしないようにしましょう。

実際にクレジットカードを利用する上での注意点

クレジットカードの審査において、学生は多少也とも優遇されている節があります。
しかしクレジットカード利用については、優遇されている訳ではありません!

上述したように、発行会社は無収入の学生に対してもクレジットカードを発行しています。
そんな無収入の学生に対して、利用限度額100万円といった設定をしたら、返済日に滞納することが可能性が出てきますよね?

そこで発行会社は、学生の審査は緩くするものの、利用については厳しく取り扱っています。
学生がクレジットカードを作れた場合、利用限度額が10万円に設定されやすいのもそのため!

利用限度額は、最初は低くても後々に増枠することもできます。
そのためには、日々のクレジットカード利用をキチンと行う必要があります。

クレジットカードで買い物をし、返済日には滞りなくしっかり返す。
これを繰り返せば、10万円から増枠することも可能なので、学生さんは正しい利用を心がけましょう!

卒業後に、無職で無収入になる場合はどうなる?

学生さんの中には、卒業の進路が決まっておらず、無職で無収入になる方も居るかと思います。
その場合、クレジットカードを申し込んでも審査に通るのは難しいことでしょう。

上述した通り、無収入でも審査に通る可能性があるのは学生期間中のみ。
卒業後は社会人として扱われるので、無職・無収入だと申し込んでも落ちる可能性の方が高いです。

また、在学期間中にクレジットカードを取得し、卒業後に無職で無収入になる学生さんも居ることでしょう。
この場合、無理やり解約させられたり、利用停止になったりするようなことはありませんのでご安心ください!

ただ、卒業後は学生ではなくなるので、クレジットカードの登録情報を変更する必要がありますよね。
そこで無職・無収入ということがバレるので、クレジットカードの更新が行われたときに審査で弾かれることもあるので覚えておきましょう。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

学生であれば、たとえ無収入であっても審査に通る可能性は高いと聞いて、安心した方もいるのではないでしょうか!

クレジットカードがあれば、現金を持ち歩かなくても買い物に行くことができます。
しかもポイントを貯められたり、ネットショッピングもできたりするので、1枚持っておくと便利ですよ!

また、公共料金や携帯料金もクレジットカードで支払うことは可能。
料金の支払いを一本化すれば収支の管理がとても楽になるので、お金の管理をしたい学生さんにもおすすめです!

そんなクレジットカードですが、学生は審査で優遇されているとはいえ、必ず通るという訳ではありません。
ちゃんと学生向けのクレジットカードがあるので、それを申し込まないと普通に落とされることだってあります。

当サイトでは、学生さんがそうならないように、学生向けのクレジットカードを紹介しています。
ただ申し込めるだけでなく、性能も突出した良いものを厳選しているので、ぜひこちらを参考にしてみてくだい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました