マイルを貯めたい!そんな学生におすすめのクレジットカードを紹介!

未分類

ANAやJALなど航空会社には。「マイル」と呼ばれる独自のポイント制度が存在します。
マイルの最大の特徴は特典航空券(*1)と交換できる点で、使い方によっては無料で海外旅行が楽しめると評判です!
(*1)特典航空券…無料で飛行機に乗れる航空券

もちろん学生でもクレジットカードさえ発行できればマイルを貯められますが、できるなら少しでも効率よくお得に貯めたいところ。

そこで本記事ではマイルが貯まりやすい学生向けのクレジットカードを2枚紹介します。
どちらも年会費無料+マイルが高還元なので、「卒業旅行を豪華にしたい」という学生さんはぜひ最後まで読んでください!

ANAマイルなら「ANAカード(学生用)」がおすすめ!

「飛行機はANAをよく利用する」「海外旅行がメイン」という学生なら、ANAマイルが貯まりやすい「ANAカード(学生用)」がおすすめです。

基本情報

ANAカード(学生用)の基本的なスペックは下記の通りになります。

  • 年会費:在学期間中無料
  • ポイント(マイル)還元率:1,000円=1ポイント=10マイル(JCBの場合)
  • 国内外旅行傷害保険:自動付帯

ANAカード(学生用)は、その名の通り学生向けに発行されたクレジットカード。
そのため、学生にとって嬉しいサービスが付帯しており、在学期間中は年会費が無料になります!

ポイント(マイル)還元率もJCBの場合は実質1%もあり、利用額1,000円=1ポイント=10マイルも貯まります。

VISAやMastercardのを選んでも良いのですが、その場合はポイントをマイルに移行する際に6,240円の手数料が発生。
また、国内旅行傷害保険・海外旅行傷害保険ともに自動で付帯していますが、傷害・疾病には対応していないので、JCBを選ばれるのがおすすめです。

おすすめポイント

ANAカード(学生用)のおすすめポイントは、ボーナスマイルの豊富さ!
入会や継続ボーナスはもちろん、プレミアムポイント(*1)も用意されているので、非常に貯めやすくなっています。
(*1)プレミアムポイント…マイルとは別に貯まるポイントで、ポイント数に応じてボーナスマイルが受け取れる。

さらに、フライト時のボーナスマイルとして+10%が加算されるので、普通のANAカードよりもお得にマイルを貯めることが可能。
ANAは海外旅行のフライトが多く、「旅行先は海外がいい」という学生にANAカード(学生用)はおすすめです!

JALマイルなら「JALカードnavi」がおすすめ!

「飛行機はJALをよく利用する」「国内旅行がメイン」という学生なら、JALマイルが貯まりやすい「JALカードnavi」をおすすめします。

基本情報

JALカードnaviの基本的なスペックは下記の通りです。

  • 年会費:在学期間中無料
  • ポイント(マイル)還元率:100円=1マイル
  • 国内外旅行傷害保険:自動付帯

JALカードnaviは、ANAカード(学生用)と同じく学生向けに発行されたクレジットカード。
学生の間は年会費は無料になるので、負担の要らないクレジットカードとしておすすめです!

最大の特徴は、年会費3,240円が必要のサービス「ショッピングマイル・プレミアム」を無料で利用できること!

ショッピングマイル・プレミアムは、「利用額200円毎に1マイル付与だったのを100円から付与」に変えてくれる嬉しいサービス。
本来なら年会費3,240円掛かるサービスですが、なんと無料で利用できるので、非常にお得なのです!

さらに、旅行傷害保険が国内外と付いており、しかも自動付帯なので海外でも安心して旅行を楽しめることでしょう。

おすすめポイント

JALカードnaviの魅力は、何といっても高いポイント(マイル)還元率です!

上述した通り、ショッピングマイル・プレミアムのおかげでマイル還元率は1.0%。
これだけ高いマイル還元率を持つ学生向けクレジットカードは、なかなか無いのでおすすめです。

他にも様々なボーナスマイルが用意されており、入会搭乗ボーナス・年初搭乗ボーナス・フライトマイルボーナスを付帯。
これらを利用すれば、学生さんであっても一気に数千マイルを貯めることも実現可能です!

在学期間中はマイルに有効期限が無くなるので、大学1年生でJALカードnaviを発行し使い続ければ、卒業旅行を豪華にすることも夢ではありません。
また、JALは国内線のフライトが豊富なので、「海外旅行よりも国内旅行をしたい」という学生にもおすすめです!

マイルを貯めるシミュレーション

ここでは「ANAカード(学生用)」「JALカードnavi」を大学4年間で使い続けた場合、マイルがいくら貯まり、どこに旅行にいけるのかを解説します。

ANAカード学生用の場合

ANAカード(学生用)を毎月3万円使い続けることで貯まるマイルは下記の通りです。

  • カード利用:30,000円×1%(還元率)×12ヶ月×4年=14,400マイル
  • 入会ボーナス:1,000マイル
  • 継続ボーナス:1,000マイル×3年=3,000マイル

上記のように、合計で18,400マイルを4年間で貯められる計算になります。
18,400マイルあれば、特典航空券と交換して韓国・中国・台湾あたりに無料で旅行に行くことが可能です!

また、今回はフライトボーナスやプレミアムポイントを考慮していないので、普段からANAを利用する学生であれば、ハワイやヨーロッパなどに無料で旅行に行くことも実現できるでしょう。

JALカードnaviの場合

JALカードnaviを毎月3万円使い続けることで貯まるマイルは下記の通りです。

  • カード利用:30,000円×1%(還元率)×12ヶ月×4年=14,400マイル

14,400マイルあれば、「東京~札幌間」や「大阪~奄美大島間」の特典航空券を入手可能。
ANAカード(学生用)に比べて貯まるマイル数が少ないですが、搭乗ボーナスを考慮すると、ANAカード(学生用)以上のマイルを貯めることも可能です。

海外旅行ならANA、国内旅行ならJAL

学生がマイルを効率的に貯めるなら、ANAカード(学生用)とJALカードnaviがおすすめです。

どちらも実質1%のマイル還元率+在学期間中年会費無料なので、大学1年制生から4年生まで使い続ければ、卒業旅行で北海道や中国、ヨーロッパなどに無料で行くこともできます。

しかし、同時に2枚とも発行してしまうと貯まるマイルが分散してしまうので、海外旅行が好きならANAカード(学生用)、国内旅行が好きならJALカードnaviとして決めると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました