学生にとってクレジットカードを作るメリット・デメリットって何?

基本情報

今は一人暮らしの学生などがクレジットカードを持つケースも増えています。
しかし常識的に考えると、まとまった収入がない学生がクレジットカードを持つ意味はあるのでしょうか?

学生の中には「学生のうちからクレジットカードを持つメリット、デメリットが理解できればカードの発行を検討したい」という方もいます。
そこで今回は学生がクレジットカードを発行するメリットやデメリットに関するお役立ち情報をご紹介します。

クレジットカードのメリット① ~ポイントが貯まる~

クレジットカードの王道ともいえるメリットは「ポイントが貯まる」ということです。
これは社会人のようにまとまったお金が作れない学生にとっては、大きなメリットになります。

たとえばですが、1万円の商品を現金で購入した場合、割引などが適用されない限りは、ぴったり1万円が失われます。
ではこれを還元率1%のクレジットカードで支払いを済ませてみましょう。

【1万円の商品を還元率1%のクレカで支払った場合】
1万円(商品代金)×0.01%(還元率)=100ポイント

多くのクレジットカードのポイントは1ポイント1円の価値がありますから、上の例では100円相当のポイントを貯めることができます。
この貯まったポイントは、次回以降の買い物などで支払いに充てることが可能です(※ポイント支払いができる場合)。

つまりクレジットカードで支払いを済ませると、実質割引価格での購入が可能になるということです。

また最近は家賃や電気、水道などの公共料金もクレジットカード払いに対応していることがあります(※すべての地域で行われているとは限りません)。
このような毎月の固定費もクレジットカード払いに切り替えることで、効率的にポイントを貯めることができます。

一例を挙げると、家賃6万円を還元率1%のクレジットカードで支払うと、年間で7,200ポイントが貯まります。
この他、電気、水道、携帯代などもクレカ払いに切り替えると、おおよそ2回~3回ほどの飲み会代金が浮くぐらいのポイントを貯めることができるでしょう。

クレジットカード払いのメリット② ~海外旅行も安心・安全~

大学生は卒業の記念や留学などの理由で海外に行く機会もあります。
このようなときに海外渡航に強いクレジットカードを1枚所有しておくと安心、安全です。

クレジットカードの種類によっては旅行傷害保険が付帯しているものもあります。
クレジットカードに付帯している旅行傷害保険の主な補償内容は以下のとおりです。

  • 旅行中の思わぬ事故による後遺症、死亡、ケガなどの治療費用
  • 誤って他人にケガをさせたり、物を壊したりしたときに補償される賠償責任
  • 物が壊されたときなどに補償が約束される携行品損害
  • 救助が必要なときなどに補償される救援者費用

海外旅行の際には、保険会社が提供する保険もありますが、こちらは加入すると別途2,000円~4,000円ほどの費用が必要になります。
しかし、クレジットカードに旅行傷害保険が付帯されていれば、保険料を支払う必要もありません。

そのため、万が一のトラブルに関する補償はもちろんのこと、経済的にもお得に海外へ渡ることができます。

また、海外旅行では宿泊の際にデポジット(保証金)を支払う必要がありますが、この支払いはクレジットカードで済ませるのが基本ですし、中にはクレジットカードでないと支払い不可のお店もあります。

つまり海外旅行などに行く際は、クレジットカードはほぼ必須の持ち物ということになります。

この他、クレジットカードには契約内容によってキャッシング機能が付帯されています。
キャッシング機能も万が一現地で現金が必要になったときに重宝します。

長期の休みや卒業時などに海外旅行を検討している学生は、後々困らないように事前に1枚クレジットカードを発行しておくのもよいでしょう。

クレジットカードのメリット③ ~盗難に強い~

クレジットカードは万が一のカード紛失、盗難被害に遭ったときも発行会社がサポートをしてくれます。
海外旅行、特に治安が良くない地域などに足を運ぶ際は多額の現金を持つのは危険なため、クレジットカードを持ち歩いている方は多いです。

基本的にすべてのクレジットカードには紛失保険、盗難保険が付帯されていますので、万が一、カードを失ったということが起きても補償が適用されます。
補償内容はカード会社などによって異なりますが、一般的には紛失や盗難によって不正利用された被害額を補償してもらえます。

また紛失保険、盗難保険は海外だけではなく、国内でも正しい手順で手続きを行えば補償が認められます。

クレジットカードの紛失や盗難は精神的ダメージが大きいですが、現金やその他のカードなどがまとめて入った財布を失くしたというわけではありませんので、損失レベルはきわめて小さなものとなります。

クレジットカードのメリット④ ~支払い期限を先延ばしにできる~

クレジットカードは現金払いと違って支払いを先延ばしにできます。
学生の中にはアルバイトをしており、一定の収入を得ている方もいるでしょう。
しかし、学生のアルバイトは社会人と違ってまとまった収入が入ってくることは少ないです。

そのため、すべてを現金払いにしていたら手持ちの現金が不足し、期日が迫った支払いが滞る可能性もあります。
クレジットカードは支払いが1ヶ月先というケースも多いですので、優先するべき支払いに手持ちの現金を充てるといったこともできます。

また、支払い方法に関しても分割払い、リボ払い、ボーナス一括払いと豊富なため、自身の生活に合わせた買い物も可能です。

学生がクレジットカードを持つ上で注意したいのは「使いすぎ」と「年会費」

学生がクレジットカードを保有するメリットは多いです。
その反対に、クレジットカードを持つデメリットはあるのかというと、特にありません!
ただし、クレジットカードを持つなら「使いすぎ」と「年会費」には注意しておきましょう。

クレジットカードは支払いが先延ばしになるため、金銭感覚が狂うとついつい使いすぎてしまう傾向にあります。
特に学生のうちはお金の使い方もわからないことが多いので、ひとつ間違うと支払いを滞納してしまうことも考えられます。

また、年会費についても注意しておきましょう。
クレジットカードには年会費が無料と有料の2タイプあります。

一般的に年会費が発生するクレジットカードの方がスペックは高いため、ついつい年会費有料のカードを発行しがちになります。
しかし、学生は毎月の収入も少ないですので、できるだけ年会費が無料のカードを選ぶことをおすすめします。

クレジットカードによっては「年1回の利用で年会費無料」など、有料年会費のものでも条件次第で無料になるものもあるので、事前に必ず詳細をチェックしておくことが大切です。

当サイトでは、学生におすすめのクレジットカードから、年会費無料のものを紹介しています!
こちらでそれらを紹介しているので、学生さんはぜひご覧ください。

学生におすすめのカードを見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました