クレジットカードの作り方!学生が作るときの手順や用意する物を紹介

クレジットカードの作り方

用意する物から申し込み方法まで、クレジットカードの作り方を紹介します!

「クレジットカードを作りたい」と考えている学生のアナタ、作り方はしっかりと理解していますか?

クレジットカードを作るには年齢制限があったり、また用意しなければいけない物があったりします。
そのため、事前準備を怠ると、クレジットカードを作るのに手間が掛かってしまうことも!

そうならないために、今回は学生の方にクレジットカードの作り方を紹介します。
学生におすすめのクレジットカードも紹介するので、ぜひ最後までご覧ください!

どのような学生が作れるのか

作り方を解説する前に、クレジットカードの申請における年齢制限を紹介します!

クレジットカードは、18歳以上の学生でないと作ることができません。
これはどのクレジットカードにも同じことがいえ、17歳以下で作れるクレジットカードは基本的にないです。

また18歳以上の学生でも、高校生だと同じくクレジットカードの申請は不可。
なので、高校を卒業し進学の道を進んだ学生のみ、クレジットカードは申し込めます!

さて、そんな条件を満たす学生にも、様々な学生が居ますよね。
どんな学生がクレジットカードを作れるのか表にまとめたので、こちらをご覧ください!

種類 作成の可否
大学生
大学院生
専門学生
短大生
研究生 ×
聴講生 ×
科目履修生 ×
語学学校生 ×
予備学校生 ×
認可学校以外の専門学生 ×

上記は、あくまでも「学生専用クレジットカード」における申請条件。
表で×が付いている学生も、学生専用クレジットカードでなければ申し込めるので注意しましょう。

また高等専門学校生の場合、クレジットカードによっては4年生から申し込めることもあるので、確認してみてください!

クレジットカードの作成に用意する物

作り方を紹介する前にもう1つ、作成に必要なものを紹介します!
発行会社にもよりますが、クレジットカード作成時に用意するものは以下の通り。

銀行口座 利用額の引き落としをするために必要
本人確認証 学生証や運転免許証でOK
電話番号 連絡が取れるものに限る
自宅住所 クレジットカードを発送できる場所の住所

学生はこれに加え、「親の同意書」が必要になります。
ただし、親の同意書は「未成年の方が申し込むときに限る」ので、20歳を超えた学生であれば必要ありません。

作り方における一連の流れ

準備ができたところで、いよいよクレジットカードの作り方を紹介します!
クレジットカードの作り方は、以下3つの方法があることを知っておきましょう。

  1. インターネット
  2. 書類郵送
  3. 店頭申し込み

「電話申請」もありますが、最近では上記3つが主流。
その中でも、おすすめなのは1番の「インターネット申請」です!

1番の作り方であれば、インターネットからなので時間を選ばず、自宅に居ながら申し込みが可能。
また多くの発行会社は、インターネット申し込みに限り「お得な特典」を設けていることがあるので、1番の作り方がおすすめなのです。

【お得な特典の例】

  • 年会費が初年度無料
  • クレジットカードポイントをプレゼント
  • ギフト券をプレゼント

「店頭申し込み」は店員さんの指示に従えば大丈夫なので、ここでは「インターネット申請」「書類申し込み」の方法を紹介します。

インターネット 書類申し込み
公式サイトにアクセスする 申請書類を用意する
申請ページの必要項目を埋める 申請書類の必要項目を埋める
審査が行われる
本人確認が行われる(ことがある)
結果発表

クレジットカードによって内容が多少異なることはありますが、基本的には上記の通り。
無事に審査が通れば指定した住所にクレジットカードが届き、その際に本人確認を行ってお終いです!

学生でも審査は通るの?

学生の収入面を考えると、学生にクレジットカードを作るのは発行会社にとってリスクと言えます。
しかし、学生の獲得は将来的にはプラスになるため、囲いたいと思っている発行会社はたくさんあります!

そのため、学生においては無収入であっても通ることがあるので、申し込んでみることをおすすめします。

ただし、申し込むのは「学生専用クレジットカード」もしくは「学生向けクレジットカード」であること。
学生は審査で優遇されているとはいえ、ランクの高いクレジットカードだと当然ながら落とされやすいです。

学生でも通りやすく、且つ性能が良いクレジットカードはこちらで紹介しているので、作り方を理解した学生はこちらの記事を参考にしてみだくさい!

おすすめのクレジットカード

コメント

タイトルとURLをコピーしました