学生は要注意!クレジットカードの利用限度額と利用可能枠の違いとは

「利用限度額が10万円なのに、8万円しか使っていないクレジットカードが使えなくなった」

そんな経験はありませんか?
実はそれ、クレジットカードの「利用可能枠」を超えていたからかもしれません。

クレジットカードを使っていると、以下の言葉を耳にすることがあると思います。

  • 利用限度額
  • 利用可能枠

どちらも似ている言葉ですが、実はこの2つは全くの別物!
同じものと考えていると、冒頭のようにクレジットカードが使えなくなる可能性もあるので、注意しなくてはいけません。

そこで今回は、「利用限度額」と「利用可能枠」の違いについて解説します!
また、利用可能枠を増やす方法にも触れるので、クレジットカードを利用する学生さんはぜひご覧ください。

クレジットカードの利用限度額と利用可能枠の違いとは

2つの違いについて、結論をいうと以下のようにまとめられます!

  • 利用限度額:そのカードで使える上限金額
  • 利用可能枠:そのカードで使える残りの金額

これだけだと少し分かりにくいので、それぞれの意味を説明します。

利用限度額とは

利用限度額とは、「このカードでは合計これだけの金額を使っていいですよ」という意味です。

例えば、カードの利用限度額が30万円の場合、合計30万円までそのカードを使って買い物することができます。
30万円を超えると、会計時にエラーが出てそのカードは使えません。

利用限度額はあなたの信用度によって決まります。
信用度が高いほど利用限度額も大きくなる、という仕組みです。

  • 信用度が高い:100~300万円など
  • 信用度が低い:10万円など

ここで言う「信用度」とは、カード作成時、以下項目などをもとに審査されます。
※厳密には審査内容は公開されておらず、カード会社によっても違うようです。

また、信用度はカードを毎月遅延なく返済することで積み上げていくこともできます。
そのため、カードを長年利用していると、「知らない間に利用限度額が上がっている」なんてことも珍しくありません。

利用可能枠とは

利用可能枠とは、「残りこれだけの金額を使ったらこのカードは使えなくなる」という意味です。
利用可能枠は、以下の式で表すことができます。

利用可能枠 = 利用限度額 - 現状の利用額

例えば、利用限度額30万円のクレジットカードを既に7万円利用している場合、利用可能枠は23万円ということになります。

利用可能枠は利用額を返済することで回復するので、7万円を返済した場合、利用可能枠は30万円に戻ります。

利用限度額と利用可能枠は意味が違うということが理解いただけたでしょうか。

利用可能枠の空きを増やす方法

クレジットカードの利用可能枠の空きを増やす方法は2つあります。

  • 利用した分を返済する
  • 利用限度額を増やす

それぞれ順番に説明していきますね。

利用した分を返済する

単純に「使った分を返済することで利用可能枠を戻してもらう」という方法です。

例えば、以下のような場合。

  • 利用限度額10万円のカードで10万円の商品を買いたい。
  • しかし、今月既に2万円使っていてカードが使えない。

このような場合は、カード会社に連絡して繰り上げ返済(返済日を早めてもらうこと)をしてしまいましょう。
すると利用可能枠が10万円に戻るので、10万円の商品もカードで支払うことができます。

利用限度額を増やす

こちらは「利用限度額を増やすことで利用可能枠も増やす」という方法です。
実は、利用限度額はカード会社にお願いすれば増やしてもらうことができるんですね。

  • カード会社へ電話して申請
  • インターネットで申請

利用限度額を増やす方法は上記が一般的ですが、カード会社によって異なります。
「〇〇(カード名) 利用限度額 増枠」などで調べてみると、各社の増枠方法が分かります!

ちなみに、利用限度額の増枠にはカード会社の審査が必要なので、必ずしも承認されるとは限りません。
自信がない場合は「今月だけでいいので増枠お願いします」と言って、一時増枠という形で申請すると承認されやすくなりますよ。

多くの人が間違える「分割払いをしたとき」の利用可能枠

利用可能枠について、よくこんな勘違いをしている人がいます。

「利用限度額30万円のクレジットカードは、毎月必ず30万円利用できる」

上記は一見正しく感じますが、分割払いやリボ払いをした場合などは、利用可能枠が30万円まで回復しません。
例を見てみましょう。

  1. 3万円の商品を3分割払いで支払う
  2. 利用可能枠が30万円から27万円に減る
  3. 1回目の1万円を返済する
  4. 利用可能枠が28万円に戻る(未払い分があるため30万円には戻らない)

このように、分割払いやリボ払いを利用した場合、利用可能枠の回復が遅くなるので注意が必要です。

2つの違いは必ず覚えておこう!

勘違いされやすい「利用限度額」と「利用可能枠」の違いについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。
改めて、両者の違いを記載しておきます。

  1. 利用限度額:そのカードで使える上限金額
  2. 利用可能枠:そのカードで使える残りの金額

特に学生は一般的に利用限度額が低いので、理解していないと思わぬタイミングでカードが使えなくなってしまうかもしません。

大きな買い物の前は利用可能枠を確認して、不足していれば以下の方法で空き枠を増やしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました