学生も簡単!三井住友発行のクレジットカードの作り方を紹介!

「クレジットカードを作りたい!」と思っている学生さんは多いですよね。
そんな学生さんたちから特に人気のクレジットカードといえば、三井住友VISAデビュープラスです!

信頼性の高い三井住友が発行しますこちらのクレジットカードは、利便性にも優れた1枚。

旅行保険やキャッシング機能が付帯しているので海外旅行に最適ですし、またポイント還元率が1.0%と高いのでお得な還元サービスを受けることもできます!

そんな機能性に優れた三井住友VISAデビュープラスだからこそ、作り方を知りたい学生さんも多いはず。
そこで今回は、学生さんにおすすめのクレジットカード「三井住友VISAデビューカード」の作り方について解説します!

三井住友VISAデビュープラスカードの作り方・手順

申し込みから手元に届くまでの基本的な流れは以下の通り!

  1. 公式サイトに行き、申し込みボタンを押す。
  2. 指示に従って、申請フォームの入力を行う。
  3. 入会審査が行われ、連絡が来るのを待つ。
  4. 本人確認等行われ、配送されるのを待つ。

発行期間は「申請者の信用情報・混み具合」にもよりますが、だいたい3営業日で発行され、1週間程度で届きます。

発行期間3営業というのはあくまでも最短であり、申し込み時に以下のようなことも行っていると、期間は少しだけ延びる可能性もあります。

  • 未成年者が申し込む。
  • 19:30以降に申し込む。
  • ETCカードを希望する。
  • キャッシングを希望する。

なので、なるべく早く手元に欲しいという学生さんは、上記の項目に当てはまらないように申し込むようにしましょう!

インターネットで申し込みときの流れ

申し込む際にも、実は7ステップの流れがあるので、それをご紹介します!

1.【規約などの確認】
「個人情報の取り扱いに関する重要事項」および「会員規約」などを必ず読んでください。

2.【本人の個人情報の入力と支払い口座の入力】
これは申し込みを行う本人の氏名、生年月日、性別、メールアドレス、住所、電話番号、引き落とし口座など。

3.【職業(学校)などについて】
申し込みを行う本人の学校などについての情報を入力します。

4.【希望のカード、その他について】
希望するカードを選択します。ここの場合は三井住友VISAデビュープラス

5.【入力内容の確認】
選択項目について確認して、誤りがあれば訂正ページにて訂正します。
その際、訂正内容により関連ページの再入力が必要になる場合があります。

6.【申し込み番号の案内】
審査状況を確認するために必要な申し込み番号もらいます。

7.【申し込み完了】
この後については申し込み手段をネットで完結できるタイプ(成人済の方のみ)を選択した方は、各金融機関ウェブサイトにて支払い口座の設定を行います。

未成年の方はインターネットでは完結出来ず、確認書類が郵送されるので、それに自身のサインと親のサインが必要になってきます。
その後、必要書類を同封して返送します。

以上の流れで申し込みを行えます。

必要な書類、カードが手元に届くまで

三井住友VISAデビュープラスを申し込むときは、以下のような本人確認書類なるもののコピーが必要です。

運転免許証運転免許証 or 運転経歴証明書
パスポート写真印刷面と最終ページの住所記載面
健康保険証氏名・生年月日・住所のページ
住民票写し発行日より6ヵ月以内のもの(原本OK)

上記書類に掲載の住所と、申し込む際に入力フォームへ打ち込む住所が異なる学生さんも居ることでしょう。
その場合、現住所の確認が取れる以下のような書類のコピーも一緒に提出する必要があります!

  • 公共料金の領収証書
  • 社会保険料の領収証書
  • 国税/地方税の領収証書または納税証明書

これらは、領収日付(振替日付)の記載と、発行日付より6ヵ月以内のもの、さらにご本人名義のものでなければ受け付けていないので、ご注意ください。

※ワンポイント
未成年の学生さんの場合、これに加えて「親の同意」も必要です!
申請が終わると三井住友が書類が送られてくるので、それに入っている同意書に署名を貰い、返送してください!

終わりに!

以上、三井住友VISAデビュープラスの作り方でした!

三井住友VISAデビュープラスは、学生さんにおすすめのクレジットカードです。
ポイント還元・海外旅行保険・キャッシング・自動ランクアップサービス…など多彩なサービスが数多く付帯しており、また年会費も実質無料といったクレジットカードなので、利便性は確かです!

「これにして良かった!」と思えるクレジットカードなので、ぜひ検討してみてください!

「三井住VISAデビュープラスについて、申し込む前に性能をもう1度調べなおしたい!」
そう思った学生さんは、こちらでまとめているので、確認してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました