必要性は感じる?学生にクレジットカードは本当に必要なのか

最近はインターネット経由でクレジットカードに関する情報を取得し、新規発行をする学生も増加傾向にあります。
クレカを持つ学生が増えた主な理由のひとつに、「学生にとってクレジットカードは必要性が高いから」というのが挙げられます。

しかし、中には学生のうちからクレジットカードを持つ必要性はないという層もいます。
なぜ学生はクレジットカードを発行したほうがよいのか?
今回は学生がクレジットカードを作成する必要性をまとめましたのでご紹介します。

学生がクレジットカードを持つ必要性を解説① ~ポイント~

クレジットカードは「借金」というイメージを根強く持っている方もいますが、正しい使い方をすれば生活費などの節約につなげることができます。
その主な理由はカードを利用することで、日常での買い物に使用できるポイントが還元されるからです。

通常の現金払いでは割引はもちろんのこと、ポイントが還元されることもありません。
しかし、クレジットカードの場合は利用金額に応じてポイントがキャッシュバックされる仕組みになっています。

一般的にポイントの還元率は0.5%~1%ほどです。
つまり還元率1%のクレジットカードで5万円分の買い物をしたら、500円相当のポイントが還元されることになります。

「たった500円?」と思う方もいるかもしれませんが、年間で発生する支払いの半分以上をクレジットカード払いに切り替えてみてください。
おそらく複数回の飲み会、食事会などにかかる費用を浮かせることができます。

最近は家賃、電気などの公共料金もクレジットカード払いが可能というケースも増えています。
もちろん毎月の携帯料金などもクレジットカード払いで済ませることができます。

以下に還元率1%のクレジットカードを1年間使った場合、幾ら分のポイントが貯まるのかを記載しましたのでご覧ください。

決済パターン1年間に貯まるポイント
家賃6万円(1ヶ月)7,200円分
電気代8,000円(1ヶ月)960円分
ガス5,000円(1ヶ月)600円分
携帯料金1万円(1ヶ月)1,200円分

上記4つの支払いをクレジットカードに切り替えると約1万前後のポイントを貯めることができます。
この他に普段の食費などもクレジットカード払いに切り替えることで、さらに効率的にポイントを貯められます。

貯まったポイントは支払い時に現金の代わりとして使用できるため、クレジットカード払いというのは実質割引価格での買い物が可能ということです。
特にアルバイトをしながら一人暮らしをしている学生などは、クレジットカードを有効活用することで生活費を節約できる可能性が高まります。

学生がクレジットカードを持つ必要性を解説② ~ネットショッピング~

現在は大学で使用する教科書をネットで購入するという学生も多くなってきました。
その理由はやはり「楽」「安い」といったことが挙げられます。

大手ショッピングモールでは、学生限定で購入代金の10%のポイントを付与するというサービスも提供しています。
このような店舗側独自のポイントサービスに、クレジットカード支払いによるポイント還元を組み合わせると効率的、かつお得にネットショッピングを行うことができます。

また、クレジットカードとネットショッピングの相性は非常に良く、決済も簡単に済ませられるという特徴があります。
以下にネットショップのクレジットカード決済の一般的な手順をまとめましたのでご覧ください。

  1. 購入する商品を買い物カゴに入れる
  2. 名前や住所などの個人情報を入力
  3. 決済方法にクレジットカードを選択
  4. カード会社を選択
  5. カード番号を入力
  6. 有効期限を入力
  7. セキュリティコードを入力
  8. 注文内容を確認し、確定ボタンを押す
  9. 注文および支払い完了

このようにネットショップのクレジットカード払いはカード番号、有効期限、セキュリティコードを入力するだけです。
これらの情報はすべてカードに記載されているため、入力にかかる時間も1分ほどで済みます。

ネットショップの決済方法には代引き、コンビニ、銀行振込などがありますが、いずれも手数料が取られます。

一方のクレジットカードは手数料無料、かつポイントが貯まるため、他の支払い方法と比較するとお得な買い物が可能になるのです。
また、店舗によっては還元率を通常よりも高く設定しているため、場合によっては獲得ポイントが数倍に膨れ上がることもあります。

学生がクレジットカードを持つ必要性③ ~海外旅行~

クレジットカードには海外旅行保険が付帯されていることが多いです。
この旅行保険は海外旅行で万が一のケガや病気に見舞われた場合、これらにかかる入院費や治療費を補償するという内容です。

海外は日本よりも治療などにかかる費用が割高のため、万が一渡航先でトラブルに見舞われた場合、多額の資金を失うことになります。

しかし、海外旅行保険が付帯されたクレジットカードを1枚所有していれば、傷害治療費用や疾病治療費用が限度額(50万円~300万円が相場)まで補償されますので、自己負担額を大きく減らすことができます(※補償限度額はカードによって異なる)。

一般的に海外旅行保険に加入すると数千円ほどの保険料が必要になりますが、旅行保険が付帯されたクレジットカードを保有していれば、別で保険料を支払わなくて済みます。

この他クレジットカードにはキャッシング機能も付いているため、現地で手持ちの現金が不足したときも速やかに対応することが可能です。

経済力に乏しい学生にとってクレジットカードの必要性は高い

クレジットカードは後払いの決済方法となるため、発行するのに抵抗感がある方も一定数います。
しかし、クレジットカードは正しい使い方ができる方、常識的な金銭感覚をお持ちの方であればメリットのほうが大きいです。

特に学生は収入に困ることも多い世代であり、日常生活の中で1円でも節約したいという方が少なくありません。
この機会に高還元率、年会費無料、海外旅行保険など、学生の味方になるようなスペックを持つクレジットカードを1枚発行するのもよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました