「クレジットカードの審査に落ちた」という学生の通らなかった訳とは

クレジットカードの審査に落ちた学生は、何が理由で通らなかった?

「クレジットカードの審査に落ちたけど、落ちた理由は何だろう?」

クレジットカードを申し込むも、審査に通らなかった学生の方も居ることでしょう。
落ちた理由はクレジットカード会社から教えてもらえることはないので、なぜ通らなかった気になることかと思います。

実はクレジットカードの審査に落ちた理由を正確に知ることはできませんが、通らなかった理由を考えることはできます!
そこで今回は、学生がクレジットカードの審査に通らなかったとき、考えられる落ちた理由を紹介します。

学生の方はここで理由をハッキリさせ、次にクレジットカードを申し込む際に活かしてみてください!

通らない理由を考えてみよう!

学生がクレジットカードの審査に落ちた理由は、実は色々と考えられます。
ここでは、審査に落ちた理由として考えられる要因を挙げるので、何がいけなかったか確認してみてください。

審査が厳しいクレジットカードを申し込んでいた

学生が審査に落ちた理由として、高ランクのクレジットカードを申し込んでいたという要因が挙げられます。

クレジットカードを申し込むのは学生でもできますが、実は申し込めるクレジットカードは限られています。
というのも、学生は資産や収入、それから信用情報が真っ白なので、返済能力に多少の心配があるからです。

そうした背景があるにも関わらず、審査の厳しいゴールドランク以上のクレジットカードに申し込む学生がときどき居ます。
社会人でも通らない可能性があるのがゴールドランク以上の審査なので、学生が通ることはまず無いと考えて良いでしょう。

学生には「学生用」や「一般ランク」といったクレジットカードが発行されているので、まずそちらのクレジットカードから検討してみよう!

1度にたくさん申し込んでいた

クレジットカードを申し込むとき、1度に色々なクレジットカードを申請していませんでしたか?
実は、この行為も学生が審査に落ちた理由の1つではないか…と言われています。

なぜ審査に落ちた理由なのかというと、クレジットカードの保有枚数が多い人は引落日に返済できない可能性があるからです!

仮に学生が5枚のクレジットカードを持てたとしましょう。
それぞれ10万円の限度額でそれをキッチリ使ったとき、引落日には50万円の返済が求められますが、一般的な学生に50万円も支払うのは無理ですよね?

申請件数が多い学生にはこうしたことが起こる可能性があるため、学生向けクレジットカードだとしても審査が通らないことがあるのです。

信用情報が良くなかった

審査に落ちたもう1つの考えられる原因は、アナタの信用情報が良くなかったからかも知れません。

学生の中には自分名義の携帯電話(スマホ)を持っている方も多いですよね。
その携帯電話に掛かる毎月の利用額をキチンと返済していれば問題ないのですが、何度か返済を遅らせてしまったり、遅れたと分かってから返すまでの期日が長かったりすると、信用情報に傷が付きます。

発行会社は、実はこの信用情報の確認を審査の中で行っています。
その際に、返済が遅れるような人と分かれば、発行会社は審査を通すでしょうか?

こうした金銭に関わるやり取りは、今後も何かと信用情報への記載と確認が行われるので、これからは傷が付かないよう注意しましょう。

ちなみに、この信用情報は自分自身のであれば誰でも確認することができます!
確認には500円~1,000円掛かりますが、「今、自分の信用情報にはどんなことが書かれているのだろう?」と気になる学生は確認してみてください。
参照サイト:情報開示とは|指定信用情報機関のCIC

落ちてしまうと、再度申し込んでも通らない?

審査に落ちてしまった後、クレジットカードの発行を諦めることはできませんよね。
しかし、それは一旦待ってみた方が良いこともあります。

というのも、上記で紹介した信用情報については、CICという指定信用情報機関にて管理されています。
そしてそのCICで、クレジットカードに申し込んだという情報は6ヶ月、そして延滞情報は5年も登録され続けるからです。

もし学生用クレジットカードの審査に落ちたというなら、以上のことから最低6ヶ月は待った方が良いと言われています。
その間に信用情報を高めるなどし、再度申し込む準備を整える方が良いかも知れないのです。

ただ、そうはいっても6ヶ月もクレジットカードの作成を待てない学生も居るのでは?
そういった学生は、代替品としてデビットカードを活用してみてはいかかがでしょう!

実はデビットカードは、クレジットカードのような申請時の審査がないため、信用情報が良くない学生でも作ることができます。

デビットカードを作るには銀行口座が必要ですが、すぐに作成できますし、アルバイトの関係でもう持っている学生もいることでしょう。
年会費が無料のものもありますので、クレジットカードを作るまでの間はデビットカードを利用してみてはいかがですか?

審査に通らなかった理由は教えてくれません

審査に落ちた後、「次こそは…」と思い対策を練ろうと発行会社に落ちた理由を訊く学生が居ます。
しかし、発行会社に連絡しても審査に落ちた理由を教えてくれませんのでご注意ください。

審査に落ちた理由を訊くことができないのは、審査における申請者の不正を防ぐため。

落ちた理由を教えてしまうと、当然ながらその点について対策を行いますよね。
しかし発行会社が知りたいのは、対策をしていない自然な情報であるため、審査に落ちた理由を教えてくれません。

そのため、審査に落ちた理由を訊きだすのは発行会社を困らせてしまうので止めておきましょう。

学生向けクレジットカードを決め直してみよう!

クレジットカードは、一度審査に落ちたとしてもまた申し込むことができます。
そのときに、次に申し込むクレジットカードをどうするか決めておくことが大切です!

当サイトでは、学生の方に合う「審査と性能の面で厳選したクレジットカード」を紹介しています。
こちらでそれらのクレジットカードを見ることができるので、興味のある学生の方はぜひご覧ください!

おすすめの学生クレカを見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました