クレジットカードの正しい捨て方!漏洩を防ぐ安全な破棄方法を紹介

未分類

解約したり有効期限が切れたりしたクレジットカードは、残したい理由がない限り不用品です
発行会社が回収したり、指定の場所へ返還しに行ったりする必要もないので、ゴミとして捨ててしまってOK!

ただ、クレジットカードをそのまま捨てるのは非常に危険。
カード番号は記載されていますし、名義人としてあなたの名前も刻まれているんで、使えないとはいえ別角度から不正利用される可能性があります。

そのため、クレジットカードを捨てるときは、色々と工夫しなくれはいけません!

そこで今回は、学生の身を守るクレジットカードの正しい捨て方・破棄方法についてご紹介します。
適切な手順でクレジットカードをを破棄し、情報漏洩のリスクを大きく減らしましょう!

ハサミで切り刻もう!

クレジットカードを捨てる際は、まず最初にカードをハサミで切り刻みましょう!
これは、券面の情報を他人に知られないために行います。

上述した通り、券面にはカード番号や名義人が記載されているので、そのまま捨てるのは危険。
なので、それが分からないぐらい細かく刻むことだ大切です。

ハサミの入れは、1回2回どころではなく、カード番号1つ1つを切り刻むぐらいが理想。
また、券面裏の磁気ストライプや、券面表のICチップなども、復元できないほど切り刻めると安心して破棄できます。

どうしてここまで切り刻まないといけないの?

破棄する際にクレジットカードを刻むのは、不正利用を防ぐため!

不要とはいえ、カードには様々な情報が記載されています。
それをそのまま捨ててしまうと不正利用に遭うこともあるので、細かく切る方が良いのです。

また、解約ではなく有効期限の更新により不要のクレジットカードが出てきた場合、新しいクレジットカードは前のものとカード番号が同じです。

そのため、不要のクレジットカードをそのまま捨ててしまうと、新しいカードの「カード番号/名義人/有効期限」を把握できてしまうのです!

ネットショッピングであれば、あと「セキュリティコード」さえあれば不正利用できます。
そういった被害に遭わないためにも、面倒ではありますが捨てるときは細かく刻みましょう!

ゴミとして捨てる場合にも注意しましょう!

細かく刻んだクレジットカードは、ゴミとして捨ててしまいましょう!
このとき、安全性を考えるなら、クレジットカードを1回で捨てるのではなく、何回かに小分けにして破棄するのがおすすめです。

こうすることで、仮に拾われてもパーツが揃わないので復元できません。
面倒ではありますが、不正利用に遭ったときの対処に比べれば簡単な作業なので、やってしまいましょう。

さて、クレジットカードをゴミとして捨てる場合、分別はどうすれば良いのでしょうか?
結論としては、各自治体に確認を行い、「可燃ゴミ」か「不燃ゴミ」で捨てるのが最適です。

クレジットカードの素材は色々なものが使われますが、学生も作れるものだと大半は硬質塩化ビニール(PVC)でできているので、適切な分別をして破棄しましょう。

おわりに!

以上、不要なクレジットカードの破棄方法でした!
改めて、クレジットカードの捨て方についておさらいいましょう。

  • 不要なクレジットカードは復元できないほど細かく刻む。
  • ゴミとして破棄するときは何回かに分けて捨てる。

以上のことを守り、安全にクレジットカードを捨てましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました