クレジットカードの利用限度額が気になる!学生の平均はどれくらい?

利用限度額

大きな買い物をするときや、海外旅行へ行くとき、クレジットカードがあると便利ですよね。
ポイントも貯まるので、それを利用して欲しい商品が貰えるなど、クレジットカードを利用するメリットは学生にもたくさんあります!

そんなクレジットカードですが、クレジットカードで買い物できるのは利用限度額の範囲内のみになります。
そしてこの利用限度額、学生の場合は少額での設定になっているので、気を付けて買い物しないと使えなくなることもあります!

「学生の自分が作った場合の利用限度額はいくらぐらい?」
「周囲と比較したとき、自分の限度額は平均を超えているだろうか?」
利用限度額について気になる学生さんの心の声も聞こえてきます。

今回は、学生がクレジットカードを作った場合の利用限度額や、平均額について解説しますので、ぜひご覧ください!

学生がクレジットカードを作った場合の平均限度額はこれ!

クレジットカードには、「この金額までなら買い物できる」という上限が設定されています。
これを利用限度額といい、利用者によってこの利用限度額の上限値は異なります。

当然、上限値は高い方が良いのですが、利用限度額は利用者自身が好きに設定することはできません!
各利用者の利用限度額を決めるのはクレジットカードで、そのとき以下の情報を基に決定していると言われています。

  • 年収
  • 仕事の勤続年数 / 内容 / 役職
  • 預金残高
  • 他のクレジットカード会社の利用状況
  • クレジットカードの過去の利用状況

「言われています」というのは、ほとんどのクレジットカード会社が明確な基準を公表していないから。
ですが、利用限度額の設定を決めるとなれば、上記の項目から検討するのが妥当です。

さて、学生の場合、多くの方は「年収」や「仕事の勤続年数/内容/役職」といった項目は参考にできませんよね。
従って、学生がクレジットカードを作ると、最初の利用限度額は各社で最低金額とされている「10万円」になることが多いです。

下記のような学生用クレジットカードも最低金額は10万円となっているので、ぜひ確認してみてください!

参照サイト①:三井住友VISAデビュープラスカード
参照サイト②:三菱UFJニコス VIASOカード

あくまで平均額!?学生でも平均限度額「10万円」を超す例も!

学生がクレジットカードを作った場合の平均利用限度額は「10万円」とお伝えしましたが、これはあくまで平均額です。
そのため、この金額を超えてくる学生も中にはいますし、下回る可能性もあります。

平均限度額「10万円」を超す例

すでに良い利用実績(クレヒス)がある学生は、平均限度額を超すことがあります!

例えば、すでにクレジットカードを所持しており、申し込むのが2枚目というケース。
既存のクレジットカードでコツコツと買い物し、支払いも滞ることなく行うことで、信頼できる利用者としての実績を作ることができます。

その実績が認められると、利用限度額が10万円以上になることも!
下記のように、学生用クレジットカードの利用限度額は30万円まであるとされているので、利用実績を作っていけば上限の高いクレジットカードを貰えるかも知れませんね。

参照サイト①:三井住友VISAデビュープラスカード
参照サイト②:ライフカード

ちなみに、日本クレジットカード協会によると、社会人の利用限度額は下記のように算出されるとのこと。
支払可能見込み額=年収-生活維持費-クレジット債務

~日本クレジットカード協会~
https://www.j-credit.or.jp/customer/education/pdf/act_pdf_2015_02.pdf

このように、社会人の場合はクレジットカードの利用限度額がそれぞれ異なります。
しかし、学生は年収や生活維持費について当てはめて計算できないので、学生でも返済可能とされる30万円が上限となるのが一般的です。

平均限度額「10万円」を下回る例

すでに悪い利用実績がある学生は、平均限度額を下回ることがあります。
これもまた、今回申し込んむのが2枚目というケースです。

先程とは反対に、過去に何度も支払いを滞っていたことがあると、悪い利用実績ができあがります。
この実績で、利用限度額が10万円より下もあるクレジットカードを申し込むと、10万円より低い利用限度額に設定されることがあります。

そもそも、悪い実績が多すぎると審査自体が通らなくなる可能性もありますので、ご注意下さい。

参照サイト:ライフカード

増枠申請でクレジットカードの限度額が上がる?申請のタイミングは?

クレジットカードを作った学生さんで「やっぱり限度額が平均の10万円だった」と嘆いている人に朗報です!
実は、利用限度額は増枠申請をすることで上げることができます。

例えば、下記の学生用クレジットカードを用意している発行会社では、利用限度額の増枠を受け付けています。

増枠申請は、一般的に「新規作成から半年経過後」から受け付けていることが多いです。
また、1度増枠申請をしたことがある学生は、再度行うときは同じく半年経ってから行うことが好ましいと言われています。

学生専用クレジットカードではありませんが、増枠申請のタイミングについて「前回の増枠申請から半年経過後に増枠申請ができる」と明記しているクレジットカードもあるので、参考にすると良いでしょう。
参照サイト:楽天カード

まとめ:学生のクレジットカード限度枠平均は10万円だが増枠もできる!

クレジットカードを学生が持ったときの平均限度額は10万円ということが分かりました!

この10万円という利用限度額、海外旅行などでクレジットカードをたくさん利用したいと考えていた学生さんには、少々心許ないですよね。
そのような学生さんは、クレジットカード会社に利用限度額の増枠申請をしてみましょう!

実は、クレジットカード会社によっては、長期的な増枠申請の他に短期的の申請も受け付けているところがあります。
「旅行に行く該当の期間だけ増枠申請してもらう」ということができるので、いざというときは連絡することを考えてみてください!

さて、そんな学生向けクレジットカードですが、種類がたくさんあって選ぶのが大変ですよね。
当サイトでは、学生であるあなたにおすすめのクレジットカードを紹介しているので、自分が持つクレジットカードをまだ選べていないという学生さんは、ぜひこちらをご参考にください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました