クレジットカード会社からの請求書、払えない学生はどうすれば良い?

クレジットカードの返済ができない!払えないときの対処法とは?

クレジットカード会社からの請求書を見て「こんなに払えない」と慌てている学生。
引落日を過ぎてからクレジットカードの利用額分を「払い忘れた」と気づいた学生。

気付いたときには後の祭りで、誰に相談すれば良いか、クレジットカード会社に何て言おうか…と色々不安に思うことがあるかと思います。

今回は、クレジットカード会社からの請求を払えないと気づいたときに、学生のアナタが取るべき行動を解説します!
返済の遅れは一大事なので、クレジットカードを利用する学生は1度見てみてください。

払えないとなったら、すぐに発行会社へ連絡を!

「払えない」「払えていない」ということが分かった学生は、その時点でまずクレジットカード会社に連絡しましょう!
というのも、クレジットカード会社は学生からの連絡が無い限り、払えないことが分からないからです。

仮に払えないのであれば、「なぜ払えないのか」「いつなら払えるのか」といったことをクレジットカード会社は知りたいので、まずは連絡を入れることが先決。
連絡をするときは、クレジットカードの裏面に連絡先が書いてあると思うので、そちらに掛ければ取り合ってくれます!

クレジットカード会社の中には、払えないときに支払い方法の変更を提案してくれるところもあります。
一括返済だったものを「分割」もしくは「リボ払い」へと変えてくれることがあるので、払えない学生はその相談を行ってみるのも良いでしょう。

また「引落日に払えない」ではなく「引落日に払えていない」という学生の場合。
この学生が連絡をする場合も、支払い方法や次の引落日の変更を提案してくれることでしょう。

ですので、スムーズに話を進めるためにも、連絡する前に受け答えできる準備を学生は整えておくことをおすすめします!

返済が遅れるとアナタの信用情報に傷がつく!

返済日に払えないとなると、いったいどのようなことが起きるのでしょうか?
結論を言うと、クレジットカードが利用停止し、そして名義人の信用情報に傷が付きます。

まず利用停止ですが、これは後々にでも返済したことが分かれば再度利用可能になります。
ただ、払えない期間があまりにも長引くようだと、一時的でなく恒久的に利用停止となることがあるので、返済はなるべく早急に行いましょう!

利用停止はあくまでも一時的なものでしたが、信用情報への傷はそうはいきません。
この傷は、一度付くと癒えるまでに長時間を要するので、学生は払えないことがないようにクレジットカードを利用しましょう!

信用情報に傷が付くと、今後、ローンを組んだりお金を借りたりしたいときに却下されやすくなります。
学生だと今はまだ実感がないと思いますが、大人になったときに困る方も出てくると思うので、ご注意ください!

自転車操業をしてはダメ!

返済日に払えないからといって、借金をすることはあまりおすすめしません。
ましてや、自転車操業を行うことだけは絶対に止めましょう!

自転車操業とは、借金を返すために借金をすること。
一見合理的な考え方に思えますが、借金は金利が掛かるので繰り返す度に借入額が膨れあがり、返済の終わりが見えなくなるため危険なのです。

しかも、この「お金を借りた」という情報は業界内で共有されており、借金を繰り返す内にどこの会社もお金を貸してくれなくなります。
そうなると、高金利の貸金業者しかお金を貸してくれなくなり、借金は加速して増えていってしまうのです!

本当に払えない学生は、借金をするのは良いとしても、自転車操業を視野に入れ借りるのは止めること。
また借りるにしても、無計画だと自転車操業になる可能性が高いので、学生は返済計画を立ててから借りましょう!

クレジットカードも良いが、学生にはデビットカードもおすすめ!

クレジットカードを持つと、支払い感覚が鈍ったり、気持ちが大きくなることがあります。
それゆえ、クレジットカードをつい使い過ぎ、払えないと慌てる学生が返済日には現れることも。

1度でも払えないときがあった学生は、今後のクレジットカード利用に十分気を配るようにしましょう。
「それでは疲れてしまう」と感じた学生は、クレジットカードではなくデビットカードがおすすめです!

デビットカードとは、アナタの預金残高から会計を済ます決済ツール。
要はアナタの所持金内でやり繰りする訳ですから、クレジットカード会社からの請求に払えないとなって慌てることは無くなります!

使い過ぎの学生にはこうしたカードもあるので、興味があれば検討してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました