学生必見!クレジットカードを作る前に知っておきたい注意すべきこと

基本情報

これまで、現金しか使ってこなかった大学生や専門学生の方にとって、クレジットカードの仕組みや使い方を知らない人は多いと思います。
知らずにクレジットカードを使い続けると、最悪の場合は高額請求や、余計な手数料などを支払うことになる可能性も…!

クレジットカードの仕組みや使い方は、学校で教えてくれるものではないので、自分で勉強するしかありません。
しかし、実際にクレジットカードについて調べてみると、メリットの記載はあってもデメリットや注意点があまりされていません!

そこで今回は、これからクレジットカードを作る学生に向けて、理解しておかないと後々困る注意点や問題点を紹介します。

クレジットカードの分割払いとリボ払い

クレジットカードで決済をする場合は、以下のような支払い方法が選べます。

  • 1回払い
  • 分割払い
  • リボ払い

「1回払い」というのは、クレジットカードでの買い物を1回で済ませる支払い方法!
翌月の返済日には、利用額と同等の金額を返済することになります。

対して分割払いは、返済日を何回かに分けて数ヶ月かけて返す方法です。
例えば、10,000円の買い物を5回に分けて返す場合、ひと月毎に2,000円返すのを5ヶ月行う返済方法になります!

最後にリボ払いですが、こちらは返済日に支払う金額を定額制にできる決済方法。
例えば、毎月の返済を2,000円と指定してしまえば、利用額が10,000円だろうが20,000円だろうが、返済日には2,000円だけを返せば良くなります。

一見、便利な分割払いとリボ払いですが、利用時には注意点があります。
その注意点とは、どちらの決済方法も「手数料」が掛かること!

手数料がかかるということは、本来の返済額+α分を支払うので実質損をしていることになります。

特に学生が注意すべきは、リボ払い!
リボ払いの仕組みを知らず利用すると、手数料が想像以上にかかり、気付くと元金より多くの金額を支払っている結果になることも。
参照サイト:吉田 雄大さんのツイート: “え?リボの返済は毎月16円ずつしか返せてなかったの??… “

この方の場合、借金が多すぎるので毎月の返済額が手数料と同等になり、全然返済できていないのです。

もし学生で分割払いやリボ払いをするときは、金利や返済額の確認は必ず確認するようにしましょう!
でないと、学生とはいえクレジットカードの返済地獄に陥ってしまうかも…。

クレジットカードは親族や親友だとしても絶対に貸し借りをしてはダメです

クレジットカードを作ると、家族や友達から貸してくれと頼まれることもあるでしょう。
しかし、そのときにクレジットカードを貸すのは絶対に止めましょう!

クレジットカードというのは、規則で「名義人(カードに記載された名前の人)」しか利用することが許されていません。
もし、本人ではない方に貸したことがバレた場合、強制解約となる恐れもあるので注意しましょう。

またクレジットカードは、カードそのものが無くてもカード情報があれば、インターネット上で買い物ができます。
そのため、クレジットカードを貸した人が情報だけを覚えてしまえば、不正使用が可能となってしまうのです!

このような不正使用のケースでは、受けられる補償も対象外となり、損失は自腹になります。
なので、学生同士の仲が良い知人であっても、クレジットカードを貸すのは絶対に止めましょう!

返済日に遅れると大変ことになる!

クレジットカードとは、カード会社が一時的に支払いを立て替えてくれる代物。
そのため、大抵は翌月に返済をするのですが、それが遅れると学生だろうが信用情報に傷が付きます!

クレジットカード会社はその信用情報を基に利用者の善悪を判断しているため、何度も返済が遅れると、クレジットカードが利用停止になったり解約させられたりすることも。
また、住宅ローンやキャッシングも行えなくなるので、返済日には注意しましょう!

クレジットカードの現金化について

クレジットカードの現金化についてはご存知ですか?

利用可能枠の空きを利用し、多少の手数料を上乗せして現金を用意するこの行為。
色々と方法はありますが、クレジットカードの現金化についてはそのどれもが禁止されています!

クレジットカードの現金化は、消費者庁からの呼びかけもある禁止行為。
詐欺師を始め、悪徳業者が行っていることが多いので、誘われても断るよう注意しましょう。
参照サイト:「ストップ!クレジットカード現金化」キャンペーンの実施について

まとめ

クレジットカードを持つなら、返済日を必ず守ること、違法行為をしないことは守らないといけません。
特に前者は、学生でも忘れる方が多いので、常々注意することが大切です。

信用が守れず、信用情報を傷付けてしまうようなことにならないよう注意しましょう。
信用情報に傷が1度付くと、その情報が消えるまでには数年間の歳月がかかります。

学生時だけでなく社会人になってからも影響することがあるので、初めてクレジットカードを作る学生は気を付けて使うようにしましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました