学生といってもクレジットカードを作れるのは何歳からなの?

クレジットカードの基本情報

最近はキャッシュレス化が進み、クレジットカードを活用する学生が増えましたね!
ネットショッピングや海外旅行の際にもクレジットカードは使えるので、多くの学生が持ち始めています。

クレジットカードがあれば、現金を持ち歩く必要がなくなります。
そればかりか、QUICPay付帯のスマホがあればクレジットカード払いが可能なので、もはやスマホ1台で外出する日も遠くありません!

そんな便利なクレジットカードを欲しいと思う学生の方は多いと思いますが、いったい何歳から作れるのか気になることでしょう。
そこで今回は、クレジットカードは何歳から作れるのかを紹介します!

自身で申し込みたい学生の方、学生である自分の子供に持たせたい親など、クレジットカードは何歳から持てるのかご覧ください。

クレジットカードの申込年齢は18歳以上

基本的に、どのクレジットカードにおいても申し込み基準に年齢制限が設けてあります。
そして、その年齢制限では「18歳以上であること」が最低ラインとされています。

つまり、クレジットカードを申し込めるのは18歳以上の方のみということに、まずはご注意ください!

また、学生でも18歳以上の方は申し込めるとありますが、高校生の申し込みは基本的に不可。
18歳といえば高校3年生のときになる年齢ですが、申し込めるのは卒業してからとなるので、大学生や短大生、専門学生となってから申し込むようにしましょう!

なぜクレジットカードの申込は18歳以上?

なぜ、クレジットカードは18歳以上の、それも高校生以外の方しか申し込めないのでしょうか?
それは、クレジットカードが信用を基に成り立っているからです!

クレジットカードというのは、決済額を一時的にクレジットカード会社が立て替えてくれるという代物。
そして立て替えた料金は後日、返済日に返すのが利用者の務めです。

もし利用者がこの返済を守らないと、クレジットカード会社は大きな損失を抱えることになります。
そこで、クレジットカード会社は発行時に審査を行うことで、返済を守る方かどうかの見極めを行っています。

このとき、18歳未満の方や高校生以下の方というのは、クレジットカードを利用することはできても、それを返済する手立てが有りません。
有るにしても、安定した収入を継続的に得ているとは判断されないため、やはり返済面に不安が残り、申し込まれても審査を通さないようにしています。

実家がお金持ちだったり、自分で会社を興しているという18歳未満の学生もいるかも知れませんが、それでも審査は通らないのでご注意ください。

高校を留年した場合や、中卒で働いている場合は?

  • 19歳の高校生
  • 高校に通っていない18歳

上記のような学生は、クレジットカードは発行できるのでしょうか?

まず「19歳の高校生」という学生ですが、審査が通る可能性は低いでしょう。
上述した通り、高校生不可としている理由は返済能力に難があると判断されているからです。

それでいえば、18歳だろうが19歳だろうが、高校生であるある以上は該当するので、クレジットカードを発行できる確率は低いことが示唆できます。

続いて「高校に通っていない18歳」の方ですが、こちらは発行できる可能性はあるかも知れません。
大事なのは「安定した継続的収入」なので、これを得ているかどうかがポイントになります。

ただあまり実例がないことや返済能力を加味すると、通らない可能性も十分にあるので、クレジットカード会社に予め電話で確認してみると良いでしょう。

まとめ

クレジットカードの発行には、保証人が必要有りません。
だからこそ、個人の返済能力を確認し、返済が滞らないかの審査を行います。

何歳から審査に通るのかといえば18歳以上からでしたが、18歳以上でも返済が滞りそうな方だと審査は通らないので、学生の方々は信用情報には特に気を付けましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました